持続可能な社会をめざして。印刷物製造における、地球温暖化対策の実践。

なぜCO2の削減が必要なの?

地球は、太陽から受けた熱を地球が吸収したものと、宇宙に放出するものの均衡が取れていると、全世界平均気温は14.5度前後に保たれています。しかし、CO2(二酸化炭素)HFC(代替フロン)メタンガス等は温室効果ガスと呼ばれ、酸素などに比べて熱を吸収し逃がしにくい性質があり、これらの濃度が高くなると、地球大気から地球外に熱量が放熱されにくくなって温暖化が進みます。また、CO2を吸って酸素を作り出している木が減ったことも、温室効果ガスが増えている原因の1つです。

 


温暖化が進むと、単に海水面が上昇するだけでなく、干ばつや豪雨などの異常気象が発生し、生態系の崩壊や食料不足などに繋がります。それを防ぐために見えないCO2を「見える化」し、そして削減しなければなりません。CO2排出量の算定と自らの削減を「カーボンフットプリント」他の環境事業への金銭的支援によるCO2相殺を「カーボンオフセット」と言っています。


  久栄社ならカーボンフットプリントがお得!
  久栄社ならカーボンオフセットもお得!

  概念図

カーボンフットプリントとは、製品の原料調達から、生産・廃棄までのライフサイクルにおけるCO2排出量を算定・分析することで、CO2排出量の削減活動を促すことを目的としています。また、算定したCO2排出量を、クレジット(排出権)の購入により相殺・削減することをカーボンオフセットといいます。

  CO2排出量の算定範囲

CO2排出量の算出はLCA(ライフサイクルアセスメント)により行います。製品を作るところから捨てられるまでを「原材料調達」「生産」「流通」「使用・維持管理」「廃棄・リサイクル」の5段階ごとにCO2の排出量を算定します。印刷物では「原料調達」としてインキや紙、「生産」では印刷機の使う電力や工場内の空調・照明、「流通」では納品時のトラックの排出量を算定の対象としています。

  算定方法

カーボンフットプリントマークの使用許諾を目的とした場合およびカーボンオフセットを目的とした場合のCO2排出量の算出は、(社)日本WPA(日本水なし印刷協会)が中心となって申請したPCR(商品種別算定基準)といわれる算定ルールの「PA-DD-01水なし印刷による印刷物」に基づいて算出します。このPCRは、算定精度を落とすことなく従来の印刷用PCRを大幅に簡素化したもので、印刷物製造時の10項目のCO2排出量の算出を基本としています。算出は、日本WPA管理によるクラウド型のCO2排出量の算出ソフト「PGG」により計算しています。利用する主な2次データ(CO2排出原単位)は、JEMAIが実施するCFPコミュニケーションプログラムで指定するデータを使用します。

※算定方法(算出根拠)につきましては順次改良を行います。

また、印刷物の種類によっては、異なる方法で算出する場合もあります。


算定したCO2排出量は、カーボンフットプリントマークまたはカーボンオフセットで使用します。


PAGE NAVIGATION